マネジメントゲームについて

ホーム > MGについて

MANAGEMENT GAME

マネジメントゲームとは

40年の歴史と100万人が受講している研修

マネジメントゲーム(MG:Management Game)は、経営層から管理職、若手・中堅社員の方々を対象としたマネジメントの実践教育プログラムです。「一人一社経営」として、経営意思決定から実行、すなわち、商品の企画・開発・販売・会計・決算というビジネスサイクルを回しながら、参加者たちと成果を競うという、経営のリアルな疑似体験を通して、楽しみながら経営者感覚(=マネジメント能力)を身につけられるというユニークな研修プログラムです。

第一次オイルショックが日本経済を揺るがした1970年代の前半、ベンチャー企業の草分けでもあるソニー株式会社の一角で、「マネジメントゲームMG」という名のユニークな社員教育プログラムが誕生しました。
開発に携わったのは、エンジニア(技術者)と管理屋、人事屋のメンバーたち数名。目指したのは、経営に関心の薄いエンジニアにマネジメントのノウハウを、短期間で楽しく効果的に身につけさせることでした。
経営を「自分事」として実感しながら、現場に直結した経営知識や計数感覚を身につけられないか、この思いに対する回答が「マネジメントゲームMG」(略称MG)でした。


マネジメントゲームの流れ

マネジメントゲームは、ゲーム盤やカード、コマを使用して行う卓上ゲーム形式で、参加者一人ひとりが製造会社の「社長」となって、会社を設立するところから始まります。
ゲームにおいては、倉庫や工場、機械等のファシリティ調達から、製品の製造・販売、決算という企業活動を行いますが、折々で、意思決定(=判断)を要し、また予期せぬリスクが発生するなど、実際のマーケットでビジネスを展開する感覚でゲームを進めていきます。


損益計算書(P/L)、貸借対照表(B/S)を作成するだけでなく、戦略会計(STRAC)による経営評価を行い、その分析結果をもとに次期のビジネスプランを立案します。
このような一連のマネジメントサイクルを回しながら、間に講義と演習を組み合わせ、より深い理解と分析力の向上を目指します。

企業間競争の疑似体験を通じて、企業活動の上流から下流までを経営シミュレーションゲームとして、経験し、体感し、学習することがそもそもの目的です。
参加者は、擬似的な企業活動を、自身が社長となってゲームを通して遂行することで、企業活動全体の流れを俯瞰的に把握することになり、座学やOJT、自部門での業務等とは全く違う体験学習を積むことができます。

MG研修による期待効果



マネジメントゲーム研修は、活きた計数感覚を身につけ、俯瞰的な立ち位置で、アントレプレナーシップを持ったリーダーを育成することを目的としています。経営者感覚とは、単なるリーダーシップやコミュニケーション能力だけでは成立しません。セールスとコスト意識のバランス、営業指数と財務計数のメカニズムなど、その双方を実際の業務で学ぶには時間が相応にかかります。マネジメントゲーム研修では、「一人一社経営」をすることで、これらを効率よく体感することができます。

【仕事に対する意識が変わります】
  • 部門全体、他部門、全社レベルへと視野が広がり、自らがなすべき行動を多面的に実行できるようになります。
  • コスト感覚が身に付き販売の重要性、難しさ、差別化の重要性が理解できます。
【活きた経営者感覚が身につきます】
  • 経営者の視点を体験することで、経営の全体像を理解できます。
  • 経営体験から、リーダーとして、マネジャーとして必要な戦略的意思決定能力を養えます。
【計数感覚が極めて効率的に身につきます】
  • 財務分析能力や課題抽出力が高まります。
  • ビジネスパーソンに必須である会計・財務知識を習得できます。
  • 会計財務知識がなくても、ゲームを通じて損益計算書(P/L)や貸借対照表(B/S)の仕組みが理解できます。
  • 自社のみならず、顧客の経営数値や財務諸表を読みとれるようになります。
【利益創出を実現する意思決定方法が身につきます】
  • 利益向上施策を、戦略会計理論に基づき、実行プランに落とし込むことができるようになります。
  • 経営上の意思決定とその意思決定に伴う経理・財務上のインパクトをリアルに体感できます。
【利益に直結する経営計画立案力が身につきます】
  • 戦略会計を学ぶことにより、経営計画の重要性を理解でき、計画立案能力を高めます。
  • 具体的な経営計画立案力の習得と共に必要となる具体的な行動プランが立案できるようになります。

楽しむことが大事

初めは難しいところもあるかと思います。しかしゲームにのめり込み、何回かやっているうちに自然と分かるようになり、出来るようになります。

まずはやってみる!

マネジメントゲーム(MG研修)は、経営の事がわからない方(初心者)にでも分かりやすい構造になっています。
40年の歴史を持つマネジメントゲームですが、これまで大手企業の幹部研修に導入されてきたことで、それ以外の方は受講経験がなく
現在でも、初めて受講される方が割合を占めます。
誰もが難しそうに考えられますが、実際にやってみると皆さん、今までに経験したことのない研修として楽しみながら行われています。
その結果、1日で出来るようになり、研修終了後は全ての方が『またやりたい!』とのお声を頂きます。

予備知識は必要ない!

STRAC会計に関しては、短期間(短時間)で経営者でも、新卒でも、学生でも!最後には決算書が「書ける」ようになることが最大の特徴です。
経営学や会計、簿記などの予備知識は全く必要なく、むしろ簿記や会計の仕組みが分かるようになります。
難しい経営学を学ぶ前に、マネジメントゲーム(MG研修)を受講しておくことで、経営シミュレーションが出来ており、理解度も高くなります。

小学生でも出来る!

MS-MGには小学生で参加される方もいらっしゃいます。
始めは訳も分からずやり始めますが、1日で慣れてきてます。
何よりもゲームで遊び、目標売上を目指し、どのようにすれば良いか?を考えられる思考能力と計算能力が高まる事です。

継続性が高い!

世の中に研修は多種多様に数多くの物がございますが、一度受講したら終わり!というケースが多く見受けられます。
学習は続けなければ、せっかく学んだことも次第に忘れていき、応用力が鍛えられず、意味の無かったものになります。
内容が難しい、沢山の労力を使う学習は、体力的や精神的にも疲れやすく、継続が困難になります。
マネジメントゲーム(MG研修)は、これらを考慮して開発されているため難しいことを理解する、考える必要がありません。
とにかくゲームで遊ぶことで、自然と経営におけるプロセスを理解できるようになります。
簡単に学ぶ事ができ、他の人との交流もありますので、楽しめることで継続性のある研修になています。

マネジメントゲームは、やればやる程、能力が養われます。
回数を重ねる度に応用力が培われ、実務に落とし込みやすくなります。